求人サイトの中には、そのサイトからウェブ応募が可能なサービスを提供しているところもしばしば見かけます。
そのようなサービスのあるサイトで応募したい求人が見つかったとしても、「電話で応募した方がいいかな?」と迷う人も多いのでは?

ここで押さえておきたいのは、ウェブ応募のメリットとデメリット。
この応募方法にも良い部分とそうではない部分があるので、それを知った上で応募方法を自分なりに選択してみるといいでしょう。

ウェブ応募のメリット

ウェブで応募する方法の良いところは、時間を気にせずに応募が可能なこと。
事務職を募集しているような企業では、問い合わせの時間が限られていることがあり、仕事をすでにしている人の中には忙しくてなかなか応募する時間が見つけられない…ということもありますよね。

でも、ウェブサイトからなら早朝や深夜など時間を問わず応募できるので、とても便利です。
もちろん、電車の中でも、テレビを見ながらでも応募が可能。
インターネットが繋がっていて、その求人サイトが閲覧できる環境にいれば問題なく応募できてしまいます。

応募の前に間違いがないか、相手に失礼なことを書いたりしていないかを入念にチェックすることができる、これもこの応募方法のメリットです。
緊張しがちな人でも落ち着いて内容を確認してから応募できますから、精神的なストレスもほとんど感じずに済むでしょう。

ウェブ応募のデメリット

ウェブ応募のデメリットも知っておかなければいけませんが、まず最初に挙げておきたいのは、面接日時の決定までに時間がかかることがあること。

電話の場合はその場で面接日時が決定できますけど、ウェブサイトから応募だと、それを相手企業の担当者がチェックをして、それから連絡を取り合って面接日時等を決めるので、どうしても一定の時間が必要になってしまうのです。

場合によっては、「もう採用枠が埋まってしまいました」なんて言われてしまうことも。
これはウェブサイトから応募する時の注意点ですね。
応募者の属性を記入する欄が設けられている場合には、それでふるいにかけて一次選考とする企業もあります。

特に事務職のように人気の職種で応募者が殺到するような仕事だと、しばしばこういうことが起こりがちです。

応募時のストレスはあまり感じないことをメリットとして挙げましたが、逆に、ちゃんと相手に応募した内容が届いているかどうか不安になることも人によってはあるでしょう。
心配性の人にとっては、相手企業から連絡が来るまでストレスを感じっぱなしかもしれません。

気軽に応募できるウェブ応募の注意点

気軽に応募できてしまうため、応募し過ぎてしまうという注意点も知っておきましょう。
電話ならそんなことはあまりないのですが、ウェブ応募はすぐに応募が完了するので、あれもこれもとついつい欲張ってしまうことがあるのです。

事務職は求人数も多いですから、特にそういうことが起こってしまう可能性大。
しっかりと求人同士を比較してから応募先を絞り込んでいきたいですね。